誤植チェックは大事

印刷物

何度も確認しよう

企業に限らず個人でもチラシ印刷をすることはあります。フリーで働く人は自分で仕事の宣伝をしなくてはならないからです。便利なことに、今の時代は個人でも手軽にチラシ印刷発注ができるようになっています。専門業者の数も多く、インターネットでも発注できるのです。まず、どこの業者に発注すべきか、費用や評判、実績などから選んでみましょう。それから気をつけるべきことはたくさんあります。費用は事前に確認しておきましょう。追加料金が発生するような業者では困ります。口コミを参考にして評判の良い業者を探すことが大事です。それに、誤植チェックも重要です。一文字だけ違っていたとしてもミスはミスなので、すぐに修正してもらいましょう。文章や内容によってはチラシを貰った人に誤解を与えてしまうこともあります。たった一文字のことで大騒動になってしまうようでは困るので、最終段階まで何度もしっかりチェックしましょう。通常、チラシ印刷は指定した枚数を刷り上げる前に校正期間を設けているものです。そこで不備があればまだ修正することができます。何度か校正のやりとりをして万全な状態になったら、指定部数を印刷することになります。ところが、最近はスピード印刷に力を入れている業者が多く、校正にあまり時間をかけなくなってきているのです。一度だけの校正ですぐにチラシ印刷をすることがあります。この場合、たった一度の校正を見逃さないように気をつけましょう。